読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live in the Buring House !

"It's a big decision, how one prefers to die."

休日

雑記

休日の15時、郊外へ向かう電車は閑散としていた。陽差しは力なく、長い影を作っていた。

電車は平野から丘陵へと差し掛かっていた。遠くの稜線は次第に近づき、所々をマンションに分断されているのが見えた。マンションのベランダには、洗濯物やら布団やらが干してあった。すべてが陽を浴びて輝いているようにみえた。

先頭車両が丘陵の谷間に入っていくのがみえた。