Live in the Buring House !

"It's a big decision, how one prefers to die."

SONY α6000を購入しました

2世代前の型落ち品でありながら、APS-Cサイズの最新機種であるα6500とそう違いがないようにみえたので、あまり深く考えずにα6000を購入した。何より価格が比較的に手頃であった。今後、超広角レンズなどを使って遊んでみたいと思っていたので、如何なるレンズも高そうに思えたフルサイズは選択しなかった。実際の相場はよくわからない。とにかく、もう購入してしまった。

それなりのカメラを購入した初心者は、とりあえず背景のボケた写真を取りたがるものであり、それはそれで良いのだが、それだけでは芸がない、というようなことをカメラマン・写真講師の伴氏は語る。確かにその通りだな、と思いながら外に出て、マニュアル操作でパチパチとカメラを掲げてはみるものの、なかなか自分のイメージした写真は撮ることはできない。F値シャッタースピードISO感度をいくらにしたらいいのだろうかと思案しながら撮ってはみたものの、家に帰りPCで確認すると、微妙にしている手ブレとイマイチなピントに泣けてくる。先週の月曜日は海の日だかで、三連休になっていた。連日と同様にとても暑く、それでもカメラを試したいと、稲城駅周辺を汗だくになりながらウロウロしたのだが、なかなか難しい。

京王よみうりランド駅方面へ向かう坂の途中にある階段の上から。


武蔵野貨物線路へのフラットアプローチ。


稲城駅ロータリーの植え込みは、向こうに見える墓地の目隠しなのかい。